当ページのリンクには広告が含まれています。

【元薬物中毒】沢尻エリカさんガーシーchで流れ弾に被弾【画像あり】

ガーシーchで話題の沢尻エリカさん

配信でガーシーは、真剣佑にステルスマーケティングの案件を紹介していたことを暴露。さらに女性関係のだらしなさについても告発。元NMB48の村瀬紗英元AKB48の島崎遥香と交際していたこと、村瀬との交際中に女優の沢尻エリカと関係を持っていたこと、既婚女性と不倫関係にあったことなどを明かしていた。

沢尻エリカさん、ガーシーchで流れ弾に被弾。

沢尻が逮捕される少し前、真剣佑から「(沢尻に)ホテルに来てほしいって言われてるんだよね」「エッチして大丈夫かな?」と相談されたという東谷氏は、その日に沢尻の待つホテルまで、真剣佑を車で送り届けたそう。

沢尻 エリカ

沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 – )は、日本の元女優、元歌手。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。東京都出身。日出高等学校(現・目黒日本大学中学校・高等学校)中退。エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)所属。

2019年3月8日にNHKの2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の帰蝶 役として出演することが公表されたが、同年の11月16日、麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。

新田 真剣佑

新田 真剣佑(あらた まっけんゆう、Mackenyu, 1996年〈平成8年〉11月16日)は、日本とアメリカの俳優。本名は前田 真剣佑(まえだ まっけんゆう)。旧芸名は真剣佑(まっけんゆう)。父は千葉真一、弟は眞栄田郷敦、異母姉は真瀬樹里、叔父は矢吹二朗。

@Mackenyu1116新田 真剣佑 Twitter)

@mackenyu.1116新田 真剣佑 Instagram)

沢尻エリカの薬物逮捕前の映像

「でもそれで一番重要なことは何かというと、じゃあ『人を殺した経験ありますか?』ってところに行き着いた結果、僕らは人を殺したことはないけど、人を殺す役をやらないといけないというのが、最終的に一番究極で悩まなければいけない部分だと思う。となると、他のそういうことだって、じゃあ『ドラッグの役だからドラッグやります』とか、そういうことじゃないよね、と」

として沢尻容疑者のほうにチラリと視線を向けた。

沢尻容疑者は、テーブル上のグラスに入った水を飲んだ。小栗さんは「ということは『いろんな想像力で補いましょう』というのが、一番重要になっていくよね」と持論を展開。沢尻容疑者はグラスを置き、言葉を発しないまま「うんうん」と頷いた。

「だんだん変わってきた? 昔はだって、なるべく…」という蜷川さんに、小栗さんは「なるべく体験しようと思っていました。でも自分の想像力をもうちょっと信じてみようかなと思うことも、増えてきましたかもしれないですね」と返すと、映し出された沢尻容疑者は、両肘をつき、あごの下に握った手を当てて、斜め下を向いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000004-jct-ent

沢尻エリカが使用していた薬物は?

沢尻エリカが使用していた薬物は合成麻薬のMDMAやLSDを使用していた。

「19歳ごろから違法薬物を使用していた。平成30年ごろから、LSDやMDMAを知人から入手し、保管していた」

沢尻エリカが使用していたMDMAはセックスドラッグ(キメセクに使用)

キメセク、あるいは薬物セックスとは、性的快感を増幅させる、媚薬や違法薬物(覚醒剤や危険ドラッグなど)を使用しながら行うセックス(性行為)のことである。

キメセクは、性行為の中でも、媚薬や薬物を摂取・使用したあとの酩酊状態になっているさま、いわゆる「キマっている」状態で行うことを指す。この行為における媚薬や薬物の使用には、薬効によるホルモンの過剰分泌により、強い高揚感や催淫作用を狙うほか、意識の朦朧化によって相手に抵抗させないなどの目的がある。

沢尻エリカ逮捕のキッカケとなった違法薬物・MDMAは、身体依存こそないものの、精神依存が高いという。別名セックスドラッグと言われており、裏社会ではMDMAを飲んで行う性行為を”キメセク”と呼び、”何十倍もの快楽を得られる”とのこと。「相手と話がしたくなり、共感を持つ、仲良くなれる、肌も敏感になる。ずっとイキっぱなしになるんですよ!」と廣畑さん。

さらに裏社会ジャーナリストの石原行雄さんによれば、MDMAはクラブとの親和性が高く、錠剤なので踊りながらでも追加して使用できるとのこと。錠剤に半分のスリットが入っているのも特徴的だが、「1錠では多いな」という時や、カップルで半分ずつ飲んで一体感を高めることができるという意味合いが含まれているそうだ。実際、死亡事件につながった事件も存在する。

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2020/021269.html

沢尻エリカが使用していたLSDは?

LSDは無臭(人間の場合)、無色、無味で極めて微量で効果を持ち、その効用は摂取量だけでなく、摂取経験や、精神状態、周囲の環境により大きく変化する(セッティングと呼ばれる)。一般にLSDは感覚や感情、記憶、時間が拡張、変化する体験を引き起こし、効能は摂取量や耐性によって、6時間から14時間ほど続く。

精神療法に利用されていたLSDは「幻覚が出て変なことをしゃべったり、空間が歪んだりする。もともと液体で0.00何グラムの使用でイケるから溶液を飲んだら死んじゃう。五感が研ぎ澄まされるというのもあるし、潰れていくというのもあるでしょう。鍵穴から入ろうとしたヤツもおりますよ!」と廣畑さん。

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2020/021269.html

キメセクは本当に気持ちいいのか

「何」をキメると、「どれぐらい」快感(性的満足度)が得られるのか?

MDMAは6点、大麻は5点、アルコールは4点(10点満点で評価)

アルコールは合法的なドラッグ、アルコールで「キメセク」をするのが安全。

キメセク が見れるAV作品

沢尻エリカの交際履歴

沢尻エリカのヌード-ヘルター・スケルター

雑誌「フィール・ヤング」で連載され、高い人気を誇る岡崎京子のコミックを実写化した、異色にして衝撃のドラマ。全身整形によって誰もがうらやむ美しさとスタイルを手にしてトップモデルへと上り詰めた女性が、欲望と背徳に満ちあふれた芸能界でさまざまな事件を引き起こしていく。

あらすじ

トップモデルとして芸能界の頂点に君臨し、人々の羨望(せんぼう)と嫉妬(しっと)を一身に集めるりりこ(沢尻エリカ)。だが、その人並み外れた美ぼうとスタイルは全身整形によってもたらされたものだった。そんな秘密を抱えながら弱肉強食を地でいくショウビズの世界をパワフルに渡り歩く彼女だったが、芸能界だけでなく、世間をひっくり返すような事件を引き起こし……。

沢尻エリカのSEX画像

この記事を書いた人

アバター画像

アナル男爵

最後まで読んでくれてありがとう、君はもう立派なドスケベだ。
気に入ったドスケベ女が見つかったら遠慮なくたくさん抜いてくれよ、約束だぞ!
アナルを愛しアナルに愛された男! 海外在住、年間発射回数365回以上の絶倫です。